マイボトルのススメ MY BOTTLE

02

マイボトルの選び方

ひとくちに「マイボトル」と言っても、その種類はさまざま。水筒売り場をのぞいてみると、
いろんな形・色・大きさのマイボトルがずらりと並んでいます。
何度も繰り返し使うものなので、あなた自身のライフスタイルにあったものを選ぶことが大切です。
そこでマイボトル選びの5つの着目ポイントをご紹介します。

Point.01保温・保冷効果はあるか

保温・保冷効果はあるか

ペットボトル感覚で使えるマイボトルが人気ですが、冷たい飲み物を入れたのに時間が経つと温くなっていたということもしばしばあるようです。その点、まほうびんのステンレスボトルなら長時間おいしい温度をキープできます。

保温・保冷効果はあるか

Point.02容量・サイズ

容量・サイズ

マイボトルを買う際には、適した大きさを選ぶこともポイントです。オフィスやショッピングなどお出かけ時に持ち歩くのであれば、コンパクトサイズのものがおすすめです。
スポーツで使うのであれば十分な容量の水筒を選びましょう。

サイズの目安

Point.03軽さ

軽さ

持ち運んで使うなら本体の重さもチェックしておきましょう。実際に店頭で商品を持って確かめてみるとイメージがつきやすいですがお店に行かなくても、ホームページで商品の重量を掲載していますので確認してみましょう。

タイガー魔法瓶の夢重力ボトルシリーズは
業界屈指の最軽量

軽さ

Point.04飲み口の形

飲み口の形状

飲み口もいくつか種類があります。コップをはずしてドリンクを注いで飲むタイプや、飲み口に直接口を付けて飲むタイプなどがあります。
温かい飲み物をゆっくり冷ましながら飲むことが多いならコップタイプや広めの飲み口のものがおすすめです。
スポーツシーンなど片手ですばやく水分補給するならワンプッシュでふたを開けられるものがよいでしょう。
また、子どもの成長に合わせて飲み口をコップタイプと直飲みタイプで付け替えられる2WAYタイプの水筒もあります。

飲み口の形状

Point.05洗いやすさ

毎日使うものだから、洗いやすさもマイボトル選びの重要なポイントです。

  • お手入れパーツの数
    お手入れパーツの数

    ふたをまわして開けるタイプの構造がシンプルなものですとパーツがたった3点(本体、ふた、パッキン)のものもあり、お手入れが簡単です。

  • 内面加工がされているか
    内面加工がされているか
    内面加工がされているか

    ステンテスボトルの中には口がせまく、中まで手を入れて洗うのが困難なものがあります。
    そこで、本体の内面に汚れやニオイがつきにくい加工がされているものであれば、使用後すぐに水でよくすすげば汚れを簡単に落とすことができます。
    タイガー魔法瓶のステンレスボトルは本体の内面にスーパークリーン加工が施されているので、さっと洗うだけで、いつも清潔です。

利用シーンで選ぶ

どういうシーンで使うのかをイメージし、あなたのライフスタイルに合ったマイボトルを選びましょう。

ページトップへ