見返りサハラ MIKAERI SAHARA

NO 24 2016.06.14

中学時代、SAHARAに至福の時間をもらいました

大西 恵 Megumi Onishi

「saita」読モブロガー

ふたりの息子の子育てにいそしむ傍ら、ママのための生活情報誌「saita」の読モブロガーとして活躍。母親業を第一に、読者目線での誌面作りにも熱意を燃やす。

社会とのつながりを感じられるようになりました

大西さんが読モブロガーになったのは、たまたま出かけたイベントで声をかけられたことがきっかけ。今ではその仕事が、ご自身にとってもお子さんにとっても大きな刺激になっています。

ママになってから、「saita」はときどき読んでいましたが、自分が載る側になるという発想はありませんでした。読モブロガーになったのは、数年前にたまたま出かけたママ向けのイベントに「saita」のブースがあり、親子写真を撮ってもらえるとのことで気軽に参加したところ、当時の編集長に声をかけていただいたことがきっかけです。

仕事をやめて子どもと一緒に過ごす日々は楽しい反面、閉鎖的になってしまっていると感じることもありましたが、読モブロガーとして撮影やイベントに参加するようになってから、社会とのつながりを感じられるようになりました。それが私にはとても新鮮でやりがいがありますし、ふたりの息子にとっても、仕事をする大人たちに触れることは良い刺激になっているようです。

子どもたちと過ごす時間を大切にしながら

読モブロガーの仕事と母親業を楽しみながらバランスよくこなす大西さん。忙しい毎日を送るなかでの、趣味やリフレッシュ方法について聞きました。

今の趣味は、ママ友とのお喋りやキャラ弁作りなど、やはり子どものためのことですね。お喋りは、ランチだと幼稚園のお迎えの時間が気になってしまうので、もっぱらモーニング(笑)。キャラ弁は、凝り過ぎず、美味しく食べられることを心がけて作っています。

読モブロガーを始めてからも、子どもたちと過ごす時間を何より大切にしています。主人の仕事が忙しくなかなか予定が立てられないのですが、休みが合う時は家族みんなで出かけます。子どもたちに色々な経験をさせてあげたいので、子ども向けのイベントに出かけることも多いです。
子どもたちの成長を見守ることを第一に、これからも一読者の目線で、誌面作りに参加させていただけたら嬉しいですね。

男の子ふたりですから、あっという間に手が離れる日がきてしまいそうな気もしますので、その時に自分自身の生活や趣味を充実させることもそろそろ考えておこうかなと。以前フラダンスを習っていたので、子育てが落ち着いたらまた始めたいと思っています。また、主人の仕事が落ち着いたら、のんびり海外旅行にも行きたいですね。

中学時代、SAHARAに至福の時間をもらいました

バスケットボール部に入っていた中学生のころ、SAHARAにはとてもお世話になりました。練習メニューが過酷で毎日バテバテだったので、そのあとでよく冷えたスポーツドリンクや麦茶を飲むのが、それはそれは至福の時間だったことを覚えています(笑)。
今もSAHARAは、子どもとのお出かけや公園遊びになくてはならない存在です。特に脱水症状が心配な夏場は、大容量なのに軽くて、しかもワンタッチで開けられる「夢重力ボトル」が大活躍。子どもたちの飲み物とは別に、サハラマグにコーヒーを入れて、ママの休息時間にしても良さそうですね!

大西さん使用モデル 
ステンレスミニボトル「サハラマグ」MMJ-A060
製品情報を見る
※シリーズの最新モデルです。取材当時の製品とは異なる場合があります

息子の端生くん使用モデル
ステンレスボトル「サハラクール」MME-B
製品情報を見る
※シリーズの最新モデルです。取材当時の製品とは異なる場合があります

「saita」読モブロガー

大西 恵 Megumi Onishi

ふたりの息子の子育てにいそしむ傍ら、ママのための生活情報誌「saita」の読モブロガーとしても活躍。母親業を第一に、読者目線での誌面作りにも熱意を燃やす。

大西恵さん「saita」blog小食系息子
http://saita.net/blog/top/15904.html

「saita」7月号
http://saita.net/introduction/

ページトップへ