見返りサハラ MIKAERI SAHARA

No.32 2017.05.08

最近のボトルは、かわいいのもうれしい!

ウェルカムボード制作/純米酒専門「YATA」渋谷店店長

玉木里沙 Risa Tamaki

看板資材商社勤務などを経て、2015年より日本酒専門店「YATA」渋谷店の店長。そのかたわら、結婚式のウェルカムボードを個人受注するウェブサイトを立ち上げ、制作を続ける。

見習いの立場からやがて店長へ

ウェルカムボード制作が順調な一方、日本酒専門店の店長という顔も持つ玉木さん。インタビュー後半では、“本業”の内容とやりがいに迫ります。

ウェルカムボードのサイトを立ち上げたのと同じころ、知人のお蕎麦屋さんでお手伝いを始めました。海外から帰ったばかりで、ちょうど“日本の文化”というキーワードが自分の中にあったことから、お店で扱われていた日本酒に興味が湧いたんです。
でも日本酒って難しくて、誰かに教えてもらわないと、ラベルの読み方ひとつも分からないんですよね。名古屋で日本酒を学べる場所はないかと探していくうちに今の会社と出会いました。イベントなどの手伝いをしながら1年ほど勉強させてもらい、東京出店のタイミングで就職。半年間の見習いの期間を経て、渋谷店立ち上げと同時に店長となりました。

日本酒ビギナーにこそ来てほしい

日本酒専門店と聞くと、玄人向けというイメージも。でも「YATA」が目指すのは、全く逆の店舗です。

私自身あまり日本酒を飲む機会がなかったので、以前はハードルの高いお酒でした。でも日本酒って本当に色々な種類や飲み方があって、同じ銘柄でも、温度帯を変えるだけで味わいが大きく変化するんです。アルコール耐性さえあれば、どなたでも好きなものが必ず見つかるはず。その幅の面白さを知ってもらいたくて、お店では常時35種類ほどの日本酒を取り揃えています。

「これなら飲める」という日本酒を見つけても、ほかのお店に行った時、同じ銘柄がない場合もあるので、興味のある方にはどう注文したら「近い味わいのものに出会えるのか」などもお伝えしています。また、日本酒に興味を持っていただけるようなイベントも随時開催しているので、日本酒に親しみのある方はもちろんですが、これから飲んでみたい方にこそいらしていただきたいですね!

仲間の存在がモチベーション

週5~6日はお店で働き、合間にはウェルカムボードの制作に励む、多忙な玉木さんのリフレッシュ方法とは…?

運動することが好きなので、ジョギングをしたりヨガ教室に通ったり。あとはコーヒーが大好きなので、毎朝お店に出る前にカフェに立ち寄っています。といっても、パソコンを持ち込んでウェルカムボードのデザインを考えているので、リフレッシュしながらも仕事をしているのですが(笑)。

あまり、“休日”という概念がないのだと思います。肉体的なキツさはあっても、仕事をしているのが楽しいのは、自分のパーソナリティーを理解してくれる人たちと一緒に働けている環境があることだと思います。会社の人たちはみんな個性的で愉快な方ばかり。とってもカラフルな会社なんです。場所は違えど、同じ方向を向いて働ける仲間がいることがモチベーションにつながっています。

最近のボトルは、かわいいのもうれしい!

ずっと運動部だったので、水筒は学生時代からの必需品で、今もヨガ教室にはスポーツドリンクを入れて持って行っています。当時はファミリーサイズのものしかなかったから(笑)、今はかわいくておしゃれなボトルから選べるのがうれしいですね。行楽シーズンになったら、美味しいコーヒーを入れて公園に持って行きたいです。

玉木里沙 さん 使用モデル

夢重力ボトル

製品情報を見る

※シリーズの最新モデルです。取材当時の製品とは異なる場合があります。

ウェルカムボード制作/純米酒専門「YATA」渋谷店店長

玉木里沙

大学で建築を学んだ後、看板資材商社に入社。看板制作やデザインに携わり、友人の結婚式を機にウェルカムボード制作を始める。退社後、蕎麦店で働いていた折に日本酒と出会って勉強を始め、きき酒師の資格を取得。2015年より純米酒専門「YATA」渋谷店の店長を務めるかたわら、ウェルカムボードを個人受注するウェブサイトを立ち上げ制作を続ける。

【vild welcome board webページ】
http://www.vild-welcomeboard.com/

【vild welcome board Instagram】
https://www.instagram.com/vildwelcomeboard/

【純米酒専門YATA】
https://junmaishu.net/

 

ページトップへ