見返りサハラ MIKAERI SAHARA

NO 29 2016.12.06

夢がふくらむSAHARAのボトル

たかひらえり Eri Takahira

イラストレーター/デザイナー

武蔵野美術大学を卒業後、デザイン事務所などへの勤務を経て、2016年にイラストレーターとして独立。動物や子どもをモチーフにしたイラストや、グラフィック・Webサイトなどのデザインを手がける。

自分が描いたあんぱんがゲームアプリに!

会社員時代のたかひらさんが携わっていたのは、誰もが知る大手メーカーの食品や洗剤などのパッケージデザイン。大きなやりがいを感じていながら、それでもフリーになる道を選んだ理由とは…?

子どものころから絵を描くことが好きで、デザイナーになってからも、よく自分で描いたイラストをレイアウトに使っていたんです。でも担当案件が増えて忙しくなると、イラストは外部の方にお願いすることが多くなり、いちばんやりたいことができない状況に。フリーとしてやっていけるのか、という不安はありましたが、思いきって独立することにしました。ありがたいことに、友人や会社員時代に出会った方々からさまざまなお声がけをいただいて、なんとかやっていけています。

 

会社員時代は、扱う案件が大きかったことはもちろんですが、パッケージが完成するまでの過程全般に携われることにもやりがいを感じていました。今の私は、発注を受けて、一部だけを担当する立場。でもそこには、完成したものを新鮮な目で見られる、というまた別の楽しみがあるんですよね。イラストを担当したアプリ、「あんぱんバスケット」がリリースされたときは、私はあんぱんを描いただけなのに(笑)、それが0歳児でも遊べる知育ゲームになっていて感動してしまいました。

「アトリエを持つ」という夢に向かって

自宅で仕事をするようになったたかひらさんの悩みは、慢性的な運動不足! でもその悩みが、大きな夢を抱いたきっかけでもあるようです。

運動不足を解消するために、散歩をしたり、「ボクササイズ」に通ったりしています。暗闇のなかで音楽をかけてサンドバッグをたたくエクササイズなのですが、周りの目が気にならないところが私に合っていたみたいで、すっかりハマってしまいました。でもやはり、ジムに行くのが面倒になって家でダラダラしてしまうことも多いので(笑)、いつかは外にアトリエを持ちたいですね。

 

それが大きな夢だとしたら、身近な夢は、自分発信の作品を仕事にしていくこと。今は独立したばかりなので、依頼された仕事で手いっぱいになりがちなのですが、これからは自分が描きたいものを描く時間も大切にしたい。描いていて楽しくて、周りからの評判もいいのはやはり、動物のイラストです。例えばそれをTシャツやスマホケースにするなど、仕事にするための方法を模索していきたいですね。

夢がふくらむSAHARAのボトル

会社員時代に、コップだとすぐに冷めてしまうことやゴミが入るのが気になることなどから、マイボトルを使い始めました。フリーになってからも、仕事や散歩のお伴に、マイボトルは欠かせないですね。最近は、「魔法をかけたように軽い!」というキャッチコピーに惹かれて(笑)、SAHARAの「無重力ボトル」を愛用中。いつか、私のイラストがボトルになったら素敵だなあ…なんて夢見ています(笑)。

イラストレーター/デザイナー

たかひらえり Eri Takahira

武蔵野美術大学基礎デザイン学科を卒業後、デザイン事務所などへの勤務を経て、2016年にイラストレーターとして独立。動物や子どもをモチーフにしたイラスト制作のほか、グラフィックやWebサイトなどのデザインを手がけ、特に女性向けの美しい・かわいいテイストを得意としている。

【ERI TAKAHIRA Illustration】
http://eritakahira.com/

【LINE クリエイターズスタンプ】
ページトップへ